1953昭和28年

緑茶卸小売業「清水園」創業

1968昭和43年

「精茶百年」発売

1985昭和60年

(株)精茶百年販売・(株)百年 設立

1986昭和61年

(株)百年生物化学研究所設立

1992平成4年

香港に百年貿易有限公司設立

2004平成16年

九州工場設立

2007平成19年

サントリー百年茶ペットボトル発売

2011平成23年

東日本大震災により本社屋全壊
現在地に本社屋移転

2013平成25年

百年茶金箱発売
清水園通信販売業務開始

2022令和4年

「日々の暮らしに
さりげなく寄り添い、
健康な毎日の
お役に立てること」

「百年茶」の誕生から約53年。弊社は三代目の時代に入っています。 時は流れても創業者の座右の銘「誠実一路、事業は人のためにある」という精神は変わらず受け継が割れています。 創業者の時代との違いは、「おいしさ」をより追求するようになったということ。

「百年茶」は創業者の命を救ってくれた藤原家ゆかりの秘伝薬をもとに開発されました。だからこそ、創業者は自分のようにくるしんでいるお客様にこのお茶を届けたいと考え、その生涯をかけて普及に奔走しました。その思いを引き継ぎ、そして経てきた時代を引き継いだ、三代目としては「お茶は癒しである」と考えています。「おいしいから飲む」というのが、お茶本来の在り方ではないかと思うのです。それが健康に役立つお茶であれば言うことはありません。

「毎日おいしく飲み続けていただける健康茶にすること」それが創業者から百年茶を受け継ぎ、さらに次世代へと引き継いでいく私たちの使命です。

『誠実一路』それが精茶百年本舗の身上です。 私たちはこれからも創業者の想いを受け継ぎ、美味しくて体にやさしい「百年茶」をみなさまにお届けしていきます。